Makebotアカウント取得について

MAKEBOTへの登録方法です。
以下の手順を参考にしてください。

  1. トップページの新規登録ボタンをクリックします。
  2. guide_register001

  3. 各項目を入力し、利用規約の内容に同意の上、ボタンをクリックします。
  4. guide_register002

  5. 入力した内容に間違いがなければ、登録完了画面に移動します。
  6. guide_register003

  7. メールの認証URLの部分をクリックしてください。
  8. 登録したメールアドレスに認証メールが届いています。
    件名:【MAKEBOTにご登録ありがとうございます】

    guide_register004

  9. 「認証に成功しました。」というメッセージが出れば完了です。
  10. guide_register005

置き換えタグについて

MAKEBOTにはつぶやき登録の際にタグを書くとつぶやく際にそれぞれの意味に変換してくれるタグを使用できます。

置き換えタグ一覧

タグ置き換え文字
{year}2012
{month}5
{day}19
{hour}20
{minute}15
{second}20
{adayoftheweek}曜日Wed
{adayoftheweekjp}曜日日曜
{random:0-9}0~9までの数字。数字は変更可能です。3
{random:大吉,中吉,吉,凶,大凶}大吉,中吉,吉,凶,大凶の1つ。選択肢は変更可能です。大吉

リプライ専用

タグ置き換え文字
{tweet}リプライ元のツイート (登録された文章とあわせて140文字になるように調整されます)
{name}リプライ元の名前
{id}リプライ元のスクリーンネーム

登録制限について

MAKEBOTの各設定の登録可能件数一覧です。

2013年1月28日以降に登録された方の登録可能件数です。

つぶやき設定

機能名登録可能件数機能内容
定期つぶやき800件複数まとめて登録
ランダム・順番でつぶやく設定
5分から8時間で間隔設定
時間指定つぶやき300件年月日時分・曜日時分設定
RSSつぶやき1件先頭テキスト:60文字
※RSSにはMakebotのURLがつきます

リプライ設定

機能名登録可能件数機能内容
ランダムリプライ300件複数まとめて登録
リプライ間隔制限
リプライ制限
指定リプライ500件優先リプライの比較条件設定
リプライ間隔制限
リプライ制限
タイムラインリプライ5件複数まとめて登録
リプライ間隔制限
リプライ制限

つぶやき元の設定について

どのアプリからツイートしたかを表示する部分を変更することができる機能です。
この機能を使用するにはツイッターで設定を行う必要があります。
以下の手順を参考にしてください。

  1. MAKEBOTへログインし、ボットの選択後、「詳細設定」をクリックします。
  2. oauth_guide001

  3. 上部のボタンの「つぶやき元」をクリックします。
  4. oauth_guide002

  5. callback URLをコピーします。
  6. oauth_guide003

  7. https://dev.twitter.com/appsへアクセスしてMakebotに登録したTwitterアカウントで ログインします。
  8. oauth_guide1

    oauth_guide2

  9. アプリを作成します。
  10. 「My applications」へ飛びます。「Create a new application」を選択し、新規アプリケーションの作成を行います。

    oauth_guide3

    oauth_guide4

    各設定項目に必要事項を入力します。項目は全て入力が必要となります。

    oauth_guide004

    項目入力
    Nameつぶやき元に表示される内容です。ボットの名称や場所などを指定して下さい(日本語可)
    Description簡単にボットの説明文を入力して下さい。最低10文字以上必要です。(日本語可)
    Websiteお持ちであればウェブサイトのURLを、なければ http://makebot.sh とご入力下さい。
    Callback URLCallback URL は先ほどコピーしたcallback URLを貼り付けます。

    必要事項を入力後、「Create your Twitter application」をアプリを作成します。

    oauth_guide6

    作成が完了すると以下のような画面に飛ぶと成功です。

    oauth_guide7

  11. 作成したアプリの設定を変更します。
  12. 「settings」のタブを選択します。

    oauth_guide8

    選択後、「Application Type」を変更します。現在「Read only」になっている項目を「Read and Write」に変更します。このとき、「Callback URL:」の値が先ほどコピーしたcallback URLになっているかを確認します。

    oauth_guide9

    oauth_guide10

    「Update this Twitter application's settings」で、変更した結果を保存します。

    oauth_guide005

  13. 作成したアプリの Consumer Key と Consumer Secret の値をコピー。
  14. 設定の保存後、「Details」タブへ行き、Consumer Key と Consumer Secretの値をコピーします。

    oauth_guide12

  15. MAKEBOTへログインし、ボットの選択後、「詳細設定」をクリックします。
  16. oauth_guide001

  17. 上部のボタンの「つぶやき元」をクリックします。
  18. oauth_guide002

    「つぶやき元の変更」をONにし、先ほどのConsumer Key と Consumer Secret を貼付けます。

    この時、余分なスペースなどが入っている場合、エラーとなります。エラーが出る場合はスペースなどが入っていないか、ご確認ください。

    oauth_guide008

    「変更を保存」をクリックします。

    oauth_guide009

    その後twitterへ飛ぶので、アプリを認証してください。

    oauth_guide18

    認証が成功すると、上部に「設定を変更しました」とでます。
    その後、つぶやき元の設定にある状態が認証済みになっていれば変更は完了です。

    oauth_guide010

時間指定つぶやきの登録方法について

以下の手順を参考にしてください。

  1. 左メニューの「つぶやき登録」タブ内の「時間指定つぶやき」をクリックします。
  2. guide_schedule001

  3. 日付指定つぶやきの登録方法
  4. つぶやく内容と時間を設定した後、「テキストの登録」をクリックします。

    guide_schedule002

    「追加しました」というメッセージが出現すれば、完了です。

    guide_schedule003

  5. 曜日指定つぶやきの登録方法
  6. 「曜日指定」のリンクをクリックします。

    guide_schedule004

    つぶやく内容を入力し、曜日にチェックを入れ、時間を変更した後、「テキストの登録」をクリックします。

    guide_schedule005

    「追加しました」というメッセージが出現すれば、完了です。

    guide_schedule006

  7. 複数まとめて登録する方法
  8. 「>>複数まとめて登録する」をクリックします。

    guide_schedule007

    つぶやく内容を入力し、「テキストの登録」をクリックします。
    ※時間指定つぶやき、曜日指定つぶやきを同時に登録できます。

    ※注意!※
    時間指定つぶやきは、
    分の部分が【00・05・10・15・20・25・30・35・40・45・50・55】のいずれかでないとつぶやきません。
    複数まとめて登録される場合は、時間指定が5分単位になっているかの確認をお願いいたします。
    また、既に5分単位以外の時間で設定されているユーザー様は、5分単位に修正をお願いいたします。

    guide_schedule008

    ●時間指定つぶやきの書き方

    以下の例を参考にして下さい。

    例)
    2012年5月19日10時10分に「MAKEBOTリニューアル!」をつぶやきたい場合は
    2012/5/19 10:10 MAKEBOTリニューアル!

    スラッシュスラッシュスペース時間スペースつぶやく内容
    2012/5/1910:10MAKEBOTリニューアル!

    ※つぶやく内容以外の部分は半角で入力して下さい。
    ※過去の時間は登録できません。

    ●曜日指定つぶやきの書き方

    以下の例を参考にして下さい。

    例)
    毎週月曜日、水曜日の10時30分に「今週もがんばる!」をつぶやきたい場合は
    0101000 10:30 今週もがんばる!

    半角スペース時間半角スペースつぶやく内容
    010100010:30今週もがんばる!

    ※つぶやく内容以外の部分は半角で入力して下さい。
    ※つぶやく曜日に「1」を、つぶやかない曜日に「0」を入力して下さい。


    「追加しました」というメッセージが出現すれば、完了です。

    guide_schedule009

ボット削除方法について

登録したボットを削除する方法です。
以下の手順を参考にしてください。

  1. Makebotにログイン後、削除したいボットを選択します。
  2. guide_delete_bot1

  3. 左メニューの「設定」タブ内の「詳細設定」をクリックします。
  4. guide_delete_bot2

  5. その後、上部の設定から「その他」をクリックします。
  6. guide_delete_bot3

  7. 「その他」をクリック後、下にスクロールし、「ボット管理」の「ボット削除」をクリックします。
  8. guide_delete_bot4

  9. 「ボット削除確認」のメッセージが出るので、「削除」をクリックします。
  10. ※一度削除したボットの情報は元に戻せないので、この操作は十分注意して行ってください。

    guide_delete_bot5

  11. 削除後、ボットの数が減っていれば完了です。
  12. guide_delete_bot6

つぶやきの一括削除方法について

登録したつぶやきを一括で削除する方法です。
以下の手順を参考にしてください。

  1. 左メニューの「設定」タブ内の「詳細設定」をクリックします。
  2. guide_delete_tweet1

  3. その後、上部の設定から「その他」をクリックします。
  4. guide_delete_tweet2

  5. 「その他」をクリック後、下にスクロールし、「登録テキスト管理」の「定期つぶやき全削除」をクリックします。
  6. guide_delete_tweet3

  7. 「定期つぶやき テキスト全削除確認」のメッセージが出るので、「削除」をクリックします。
  8. ※一度削除したテキストはに戻せないので、この操作は十分注意して行ってください。

    guide_delete_tweet4

アカウントの削除方法について

MAKEBOTアカウントを削除する方法です。
以下の手順を参考にしてください。

  1. Makebotにログイン後、右上のユーザー名をクリックします。
  2. guide_delete_account001

  3. クリックして出現したメニューの「アカウント設定」をクリックします。
  4. guide_delete_account002

  5. 左側のメニューの「アカウント削除」をクリックします。
  6. guide_delete_account003

  7. 「削除する」をクリックします。
  8. guide_delete_account004

  9. さらに、「削除する」をクリックします。
  10. ※一度削除した結果は取り消すことはできません。この操作は十分注意して行ってください。

    guide_delete_account005

  11. MAKEBOTのトップページが表示されれば削除完了です。
  12. guide_delete_account006

ボットの説明の設定方法

ボットの説明の設定方法です。
以下の手順を参考にしてください。

  1. Makebotにログイン後、ボットの説明を設定したいボットを選択します。
  2. guide_bot_explain1

  3. 左メニューの「設定」タブ内の「詳細設定」をクリックします。
  4. guide_bot_explain2

  5. その後、上部の設定から「その他」をクリックします。
  6. guide_bot_explain3

  7. ボットの説明を入力し、「変更する」をクリックします。
  8. ※ボットの説明文は20文字以内で入力して下さい。

    guide_bot_explain4

  9. メッセージが出て、ボットの説明が追加されていれば完了です。
  10. guide_bot_explain5

  11. ボット選択画面からも確認できます。
  12. guide_bot_explain6

ページトップへ